1. ミラノ個展

  2. 松坂屋富士ギフトショップ2020「Presence~祈り」

  3. 松坂屋富士ギフトショップ2019  月下夢幻

  4. 弥勒菩薩

  5. ライブペィンティング

  6. Angel/天使

  7. worklist/Gallery

  8. 水月観音

  9. モナコ・日本芸術祭 2010 

  10. ローマ法王作品献上

  11. ニューヨークセーラムギャラリー/NY Caelum Gallery2020

  12. 上海風月舎個展

  1. Yuko Sagisaka PROFILE

  2. 美術評論/書籍/出版情報/メディア・ラジオTV出演

  3. Award/受賞

  4. Collection/ローマ法王/モナコ王室献上他所蔵作品

  1. Shop/gallery・作品購入/ご注文はこちらへ

  2. Tempera Art School

  3. 舞台美術・舞台映像/動画

  4. Produce / WonderRabbit Club

  1. 5/6日絵本原画展初日にケーブルTVの取材が決まりました!

  2. ラジオfに本日出演いたします。カラーオブサクセス3時10分過ぎより。

  3. 月刊新聞「Face to Face」のブログThe Talking Pencilにて絵本原…

  4. 静岡新聞@エスに絵本原画展が紹介されました!「Presence世界はすべて愛でつながってい…

  5. 絵本原画展の開催が決まりました!【2021.5.6~Presence 世界はすべて愛でつな…

  6. 絵本が完成しました!「Presence世界はすべて愛でつながっている」【絵本制作秘話vol…

  7. 世界はすべて愛でつながっている【3.11に寄せて】皆様にたくさんの幸せが訪れますように

  8. 絵本のストーリーが完成しました!【絵本制作秘話vol.3】

  9. 不思議な体験と絵本のストーリー制作について【絵本制作秘話vol.2】

  10. 新作絵本「Presence(仮称)」表紙作品のご紹介!【絵本制作秘話vol.1】

  11. 祈りの少女【医療従事者支援アートチャリティー】出展作品ご紹介

  12. 聖ミカエル【医療従事者支援」アートチャリティー】出展中!

個展・展覧会/Exhibition

ミラノ個展にアルマーニ氏が来場!|Italy/Milan ARTE GIAPPONE

2001 Milan, Italy: ARTE GIAPPONE “Amore Serenate”

ミラノ個展開催。

素描、黄金背景テンペラ技法、油彩テンペラ混合技法の作品を展示。

個展のオープニングパーティにデザイナーのアルマーニ氏が来場されました!

一点一点丁寧に作品を見てくださり、日本美術にとてもご興味があるようでした。

とてもフレンドリーに会話をしてくださり、サイン記念撮影にも快く応じてくれて、来場者の皆様も大喜びでした。

ミラノのお客様は、美術に造形の深い方が多く手厳しいよとミラノ在住の画家の方からお話を聞いており、テンペラ画はイタリアのお家芸。日本人がテンペラ画で個展を開催するのは、外国人が書道や日本画で日本で個展を開催するようなもの。自分の作品がイタリアの方々からどんな評価を受けるかとても不安でした。

しかし、オープニングが始まると、訪れた来客の皆様から、イタリアの伝統であるテンペラ画を日本人女性が受け継いでくださっている。どんなにコンピューターの技術が進んでも手作業で創る作品の良さにはかなわないと絶賛を受けました。作品に詩的情緒を感じるような物語性を出したいと思っていたのですが、作風がビーナス誕生のボッティチェルリの色彩感覚とナイーブさを持ち、まるでボッティチェルリの再来のようだと喜んで下さる方もいて思いがけない評価にとても嬉しく感じました。

ミラノの個展は、準備からとても大変で、未完成の作品残りのは現地で仕上げようと半月ほど早く到着しました。描きかけの作品は荷物室に入れて持ち込んだのですが、なんと乗り換えでメインとなる黄金背景テンペラ作品を入れたバッグが紛失!迎えにきていただいたギャラリーのオーナーがイタリア語で必ず探し出して下さいと関係者に強く伝達してくださいました。

バックが見つかるまでは仕方がないとあきらめ、美術館を巡ったり、個展の準備を行いました。イタリアで探し物がでてくるだろうかと思ってましたが、バッグがイギリスで発見され、無事戻されました。

それからは睡眠時間を削って作品を仕上げました。すべての作品が仕上がったのが個展開催オープニングパーティの1時間前でした!

展示はブレラ美術館学校の生徒さんたちが手伝いに来てくださり、とても丁寧に展示をしてくれました。

技法の説明のパネルを展示していたら、皆とても興味があるらしく、ノートにメモをとっていました。

イタリアに来て日本人がテンペラ画を生徒に教えるなんて不思議だと思いながら、詳しく説明してあげると、イタリアには修復画の授業はたくさんあるけれど、オリジナルで一から教えてくれる授業はなかなかないとのことでした。

キャンパスを買って描く油絵と違って、テンペラ画は板の支持体から作らなくてはならず手間が何十倍もかかるので、現代では失われつつある技法なんだなあと思いました。

テンペラの技術を絶やすことなく、後世に伝えていくのも大事な仕事だと、イタリア個展を通して感じました。

絵を描いているときは、構想を練っている時から完成まで、常に集中力をを必要とし、構図や色彩の調和、少しでも良い作品に仕上げようといろんなことを考えているので、正直楽しいと感じる事は少ないです。なぜ絵を描くのだろうと考えると完成した時の幸福感や絵を見た方から感動を受けたという言葉が絵を描き続ける原動力になっているように思います。

イタリア個展が終わった夜、一人星空を眺め、充実感と達成感、心地よい幸福感でいっぱいになったのを覚えています。

これからも歴史に残り作品を仕上げるべく、日々努力を重ねていきます!

これからもどうぞよろしくお願い致します。

t02200293_0240032010368267330 t02200149_0443030110369586913
t02200150_0443030310369586917 t02200155_0299021010369589740
t02200149_0443030110369586916 t02200134_0443027010369586918
ex_img201

 

 

 

 

関連記事